東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭!

こんにちは。レンジャーピンク竹原です。
お天気も良くて気持ちの良い連休ですね。

昨日今年で4回目になる、「東北⇔関西ポジティブ生活文化交流祭」に出かけてきました。
「ずっと続けていく被災障害者支援」をかかげて震災以降毎年11月23日に開かれているのですが、今年初めてお伺いできました。
会場は大阪長居公園の自由広場。近くに大きな競技場が二つもあり、植物園や大きな公園に親子連れや将棋を楽しむシニアの方々もたくさん。自然がいっぱいできれいな紅葉の中とても気持ちの良いところでした。

さて交流祭では、
ゆめ風基金のパネル展示、被災地の手作り品の販売、チャリティーバザー、子供と遊べるミニ地下鉄やふれあい動物園、災害コーナーでは煙体験や災害時トイレの紹介、視覚障がい者と一緒に乗れる二人乗りの自転車体験、などなど盛りだくさん。

屋台もいっぱい♪ 私は大好きな焼き芋から始め、ちぢみ、すべらんうどん(笑)、じゃがバター、お好み焼きもいただいてしまいました。
どれもおいしかったのですが、おうどんの麺がフォークで食べられるように切れ目の入ったものになっていて、誰もがおいしく食べられる工夫が素敵だなと思いました。

東北でお世話になった各地の被災地障がい者センターやボランティアの方々にも久しぶりにお会いできましたよ。私は去年の5月以来です。あっという間に9か月になった娘の報告もできました。

被災地はまだまだ心が晴れない状況のようです。
こんな交流祭で明るいつながりが増えればと思います。
大きな規模の交流祭なので準備も大変だったでしょうが、家族で楽しませてもらいました。
来年もまた出かけたいと思います。

ちなみにゲットした品々は
南三陸モアイタオルと手すき絵葉書
宮古のサーモンTシャツと鮭の皮細工のしおり 

東北品

モアイタオルは「何その柄!」と微笑むこと請け合い。
サーモンTシャツは賛美両論ですが、我が家ではここぞという時のとっておきに決定です。
鮭の皮細工は一見ヘビ皮のようでおしゃれです。
ほのぼのとした絵柄の絵葉書もお気に入りです。

素敵な商品も魅力的です。皆さんもぜひチェックしてみてください☆
モアイタオルと絵葉書 奏海の杜HP 
鮭の皮細工 ワークプラザみやこ
 

コメント


管理者のみに表示

トラックバック