スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地で印象に残った患者さん

 今回、仙台市にある長町仮設と、南三陸町での鍼灸ボランティア活動に参加し、多くの方の施術を行うことができました。その中で、特に印象的だった方がいます。

 その方は、鍼灸を受けたことがないため最初は治療を遠慮されていましたが、お仲間の勧めでしぶしぶベッドに上がりました。主訴は「右腕がうまく伸ばせない」。右上腕~前腕まで屈筋群の緊張が強く、腕を曲げているのが楽なため、日常的に曲げる姿勢ばかりをとっていたら伸ばせなくなったとのこと。反応は、上肢はもちろんのこと、大胸筋や僧帽筋などにも広く出ており、ローラー鍼を駆使しての施術となりました。
 筋肉だけでなく、咽や気管支にも強い反応。また顔全体が浮腫み、眼瞼が赤く腫れていることが気になり、アレルギーか何かかと尋ねたところ、思いがけない答えが返ってきました。
 「涙が止まらない。津波が来た直後は泣けなかったのに、最近になってふとした拍子に悲しみがこみ上げて止まらなくなる」と。
 何度も泣いて。常に瞼をこすってしまうため腫れており、お顔も浮腫んでしまう。よく見れば、涙の乾いた跡がお顔に残っていました。
 目、内耳、咽のリンパの反応点を、時間いっぱいかけて刺激しました。
 治療後、ひとまず反応は解消。少しすっきりしたお顔になったことが、せめてもの救いでした。

震災から半年。
 仮設とはいえ生活が落ち着きだした被災地の方々のなかには、地震酔いや めまいの症状に加え、精神不安定を訴える方が多くいます。(今回も愁訴として訴える方が多くいました。)そういう方たちの耳周りには、反応が顕著に表れています。様々な精神的な負担に加え、いまだ起こり続けている地震や地盤の歪みなどが内耳への悪影響に拍車をかけ、さらに心のバランスを乱しているのかもしれません。
 喪われた方々への悲しみや今後の生活への不安などは、私たちにはどうすることもできません。けれど、それらを乗り越えるための体作りのお手伝いは、私たち鍼灸師にこそできることであり、反応点治療が得意とするところでもあると思います。

長丁場になるといわれている今回の被災地の復興。
 微力ながら、今回お配りしたローラー鍼でのケアが被災者のみなさんの心と体の健康を支えてくれるよう、願ってやみません。    

清水真奈美
 

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。