スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北鍼灸ボランティア 第4回目の活動の概要

今回は4人の鍼灸師が参加しました。
竹原彩子(彩はり灸院 院長)
森川真二(SORA鍼灸院 院長)
佐藤由香里(学生時代、サンリ治療院のお手伝いをしていました)
舟橋寛延(サンリ治療院 院長)

5/2(水)~5/5(土)

訪問先は、宮城県の南部に位置する山元町と北部沿岸部の南三陸町です。
すべての場所は再訪、再再訪でなつかしいお顔に出会い和気あいあいと治療ができました。
震災から1年後の3月のころは報道も多かったのですが、徐々に新聞紙面からも減ってきます。
そんな今だからこそ、現地の声を届けて行きたいと思っています。

まずは治療記録の概要です。

【山元町】

被災地障がい者センターみやぎ県南支部 ささえ愛山元
計13人(9人)
内訳
スタッフ 5人(4人)
デイ利用者 6人(3人)
東田仮設入居者 2人(2人)


【南三陸町】

名足仮設
計9人(1人)

入谷福祉仮設
計11人(10人)
内訳
スタッフ 3人(3人)
入居者 8人(7人)

被災地障がい者センターみやぎ県北支部
計3人(0人)
内訳
スタッフ 2人(0人)
スタッフの家族 1人(0人)

まるカッコ内は再診、ないしは三回目の治療になります。

このGWの活動で36人の方に治療を実施しました。
そのうち、初めて出会った新患さんは、16人。再診が20人になります。

また石巻市の被災地障がい者センターみやぎ石巻支部も訪問し、
現在の活動と今後の協力体制に関する相談をしてまりました。
南三陸町と石巻市は近いので今後ともに活動日程に組み込んでいきたいと考えています。

以上が今回の概要で、治療で気づいたことなどを今後投稿してまいります。

(舟橋)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。