『鍼灸の良いところ』

こんにちは。はり灸レンジャーピンク竹原です。

9月の第二次訪問でわかったのですが、被災地では鍼灸は馴染みがなく、
まだまだ身近なものではありませんでした。
痛そう、熱そう、あやしいな。
そんなイメージも強いからでしょうか。

鍼灸は痛くない優しい刺激でもちゃんと効いてくれます。
肩こりや腰痛などの痛みに対してだけでなく、内臓の不調や自律神経症状にも効果的です。
でも残念ながらお薬のようには効きません。
お薬は急性の症状には強い味方ですが、
ターゲットの決まった強い成分ですから代謝するのも大変です。
副作用と言われる症状が出たりもします。
急は要しないけれどつらい慢性疾患には鍼灸が力になってくれます。
穏やかに効くので副作用もほとんどありません。
薄皮をはぐように生活に寄り添いながらいつの間にか癒えている。
それが鍼灸の効果です。

最近は鍼灸がメディアに取り上げられることも多くなりました。
お灸女子なんて言葉もあるようです。
ローラー針やお灸を使った簡単なケアなら自分でできるのも鍼灸のよいところです。
不調を穏やかに取りながら、体の働きを助け、育てる鍼灸がもっと広まればと思います。

いつか被災地でも鍼灸が身近なものになって、
「今日はちょっと風邪ひきそうだからお灸しとこうか」
「お父さん疲れてるからお灸しよう」
「おばあさんめまいがあるからローラーしようか」
家族や仲間やご近所同士で、お互いを思い、大切にできる時間が増えたら素敵です。

3月にはまた被災地に伺います。
少しでもお役にたてるように、鍼灸治療やセルフケアのレクチャー、頑張ります。
 

コメント


管理者のみに表示

トラックバック