震災から17年後

 今日で阪神大震災より17年。昨年の東北大震災もあって、今年はより感慨深くこの日を迎えました。こんな寒い時期に震災を受けたんだなと、毎年思い返します。

 当時は中学生で、芦屋市内の住んでいたマンションは全壊しました。今は同じ場所に建て替えたマンションで暮らしています。それなりに大変だったのでしょうが、それほど苦労した思い出が残っていません。そう思わないのは、回りの人が助けて支えて下さっていたからでしょう。また、歳月が癒してくれた部分もあると思います。

 震災直後はこの先どうなることか検討もつきませんでしたが、今は町も見た目はすっかり復興されました。未だに抱えている問題もありますが、何とかやってこれています。失ったものも多くありますが、得たものも多くあります。あのときがあったから、今の自分があると思っています。

 東北の方にも、いつか同じ様に思えるようになってもらいたいです。「それほどつらくなかったよ」と思ってもらえるように、これからも何かお助けできればなと思います。

(2012年1月17日 青レンジャー森川)
 

コメント


管理者のみに表示

トラックバック