スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋で「鍼灸師・あマ指師のための傾聴セミナー」があります

 私ども「はり灸レンジャー」と活動上で連携させていただいてるNPO法人「鍼灸地域支援ネット」さんがセミナーを主催されますので、ご案内いたします。

テーマは「傾聴」。会場は名古屋市です。
 私(レッド舟橋)も最近、被災地に限らず、日々の臨床で感じるのですが、相手の声に耳を傾けることは本当にエネルギーと技術が必要です。ただ流して聞くのではなく、相手の心の動きや言葉そのものに注意を傾けるには集中力も必要です。自分が喋る方が楽とも言えます。

東海地域にお住いの鍼灸師、あんまマッサージ師の先生方、ぜひこのセミナーに参加されてはいかがでしょうか?

( ご案内 ) 
『鍼灸師・あマ指師のための傾聴セミナー』
 ~対人援助としての鍼灸と傾聴~


日 時:平成26年11月16日(日)
      13:00~受付 
      13:30~講義開始(17:00頃終了予定)

会 場:ウインクあいち 1209室
      名古屋市中村区名駅4丁目4-38
      (JR名古屋駅桜通口 徒歩5分)

講 師:松原貴子先生 

参加費: 一般5000円 / 会員・学生4000円 
定 員: 30人

内 容:
 鍼灸・あマ指という仕事は、1度の治療で患者さんに接する時間が長いため、“誰にも言えない悩みや苦しみ、身心の不調やつらさ”を訴えられる場面が多くあります。
 そのようなとき、私たちはどのように対応し、どんな言葉に耳を傾けなければならないのでしょうか?
苦しむ人への援助としての鍼灸・あマ指を目指す基礎的な傾聴について学ぶセミナーです。

講師紹介:松原貴子先生
     三重大学医学部付属病院緩和ケアセンター医師(麻酔科医)
     NPO法人『対人援助・スピリチュアルケア研究会』講師
 大学病院における緩和ケア・ペインクリニックの医師として、日頃より末期がんの患者さんの身体的な痛み、また精神的な苦悩や生きることへの無意味感に向き合い、そのスピリチュアルなケアもされています。
 また『NPO法人・対人援助スピリチュアルケア研修会」の講師として、特にターミナルケアに関わる医療者を中心に「傾聴」の指導をされています。
 今回は鍼灸師・あマ指師を対象に、松原先生の知識と経験をもとに「援助者としての傾聴のあり方」について講義と実技指導をしていただきます。

主催:NPO法人鍼灸地域支援ネット(通称“はりネット”)

(申し込み方法)
電話 080-8505-5922(事務局)
メール jimukyoku@harinet.org (氏名・住所・資格など明記してください)
(担当 森田、日比)

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。