2016年11月の記事 (1/5)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本鍼灸ボランティアに参加して

 2016/11/2~11/4の3日間の日程で初めて熊本ボランティアに参加させて頂きましたのでご報告いたします。今回のはり灸レンジャーチームは、1日目に益城町、2・3日目は御船町の仮設団地の集会所にて施術を行いました。殆どの方が、膝痛、腰痛、肩こりが主訴でした。期間が長引き、寒くなってきたことが症状をより辛くさせていました。

 NPO法人レスキューストックヤードさんのサポートや、ボランティア活動とネットワーク作りを継続して下さった先輩方のお陰で、多くの方に鍼灸を受けて頂くことができました。また、今回は現地の食堂でも施術を行いました。食堂の皆さまの口利きですぐに人が集まりました。今後の活動の広がりの新たな基点となってくださると期待が膨らみました。

 はり灸レンジャーの活動中、施術を受けて頂いた皆様から笑顔がこぼれ、体が楽になったと嬉しい言葉をたくさん聞くことができ、励みになりました。またローラー鍼(長柄が人気)についても、皆様決まってセルフケアに使いたいと手に取られておりました。再来の患者様もおられ、またこれまで一切鍼灸にご縁のなかった方々が非常に多いことを感じました。そういった方にも身体が楽になる体験を通して、鍼灸のファンになって頂けたことが大変うれしく思いました。

 ただ、鍼灸未体験の方々は、会場に来られても、実際に鍼灸を受けるまでは躊躇されているケースが見られます。お話を聞くと決まって「猛烈に痛いのでは」という恐れを持たれておりました。それだけに、鍼灸適応症であるのに、実際とはかけ離れたイメージで治療を控えた方も多いのではないかと感じられました。心にも身体にも効く鍼灸の需要はもっと大きいはずですので、活動の継続が必要だと思います。また、気持ちのいい、優しい治療だという事を、より多くの方々にまず知って頂きたいです。治療を受けた方の言葉が一番興味を持たれるかもしれません。もし可能なら、治療を受けた方の感想など、アンケートを取り、承諾を受けたものを現地広報で使って頂くとより多くの方が治療を受けやすいのではないかと思います。

 鍼灸は、ハイテク機材や特殊環境を整える必要もなく、鍼ともぐさがあれば場所を変えても治療が出来ます。安心、安全に治療をできるため、こうした被災地ではもっと多くの方に、施術を受けて頂き、健康の維持にお役立ていただきたいと切に願っております。

201611伊藤先生

(伊藤裕一)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。