FC2ブログ

関連団体・協賛団体の記事 (1/3)

西日本水害の被災地を訪問して

8月12日、はり灸レンジャーが連携している 鍼灸地域支援ネット のボランティア活動に参加させて頂きました。 
今回、「水害」の被災地に入るのは初めてでした。
場所は、報道でもよく見聞きする、岡山県の真備町です。
個人的には、学生時代を過ごした県でもあり、思い入れのある場所でした。

災害直後から現地入りされていた鍼灸師先生に、被害の様子も伺いながら避難所へ向かいます。
泥をかぶり使えなくなった家財などが、道中の至る所に積まれていました。

倉敷市真備町20180812 

それでも、だいぶ片付いた状態だったようです。
また、道路一帯が白く、泥水に浸された様子がわかりました。 
この「泥」が、結構やっかいなようです。
後ほど、施術中に伺った言葉が印象的でした。 

 「泥が拭いても拭いても取れないんや」

雑巾を何度も洗っては絞り、中腰での作業も続き、腕、肩、腰、疲労が蓄積されていました。
避難所での狭いスペースでの生活が、それに追い打ちをかけます。
被災者ご自身が家の片付けや泥出しに積極的に関わっておられ、肉体的な疲労が施術を通してよく感じられました。
そして、そのように日中はご自宅の片付けなどに出ておられることも多く、鍼灸マッサージのニーズが、夜間(晩食後~消灯迄)に多いことも、今回気付かせてもらいました。

そもそも、はり灸レンジャーとしては、少し時間が経ってからの仮設住宅や事業所での活動が多く、こういった「避難所」への訪問は多くありません。
避難所の付近には、被災した様子が残っていて、災害の恐ろしさ、被災者の苦労やつらさというものがより実感できました。
生活が少し落ち着いたころからの、はり灸レンジャーの「細く長く」や「セルフケアを伝える」ような支援も必要だと考えています。
しかし、今回のボランティアを通して、被災後早くに現地に入りその光景を見て、避難所での被災者の声を聞くというのも、支援をしていく上で必要なことのように思いました。 

また、こうして他の団体、個人でボランティア活動されている、同じような境遇や志を持った鍼灸師先生とお会いできたことも有難いことだと思いました。
こういった連携や、横のつながりを作られている 鍼灸支援ネットさんに感謝です。
またこういった経験を、はり灸レンジャーとしても共有して、次の活動にもつなげられればと思います。

(ブルー 森川真二)
 

東北での活動助成

東北の震災より6年が経ちました。
その前日、東北での支援活動、

「被災障害者とその支援者へ鍼灸施術と自己ケアを普及する活動」

に対して助成決定のお知らせを頂きました。

公益財団法人大阪コミュニティ財団
「東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2」

大阪コミュニティ財団

今年も東北で活動させて頂きます。
心から御礼申し上げます。

また、関西には東北から避難され、生活されている方も多くおられます。
阪神間で109世帯298人の方が、今も避難生活を送られているそうです。

これからの活動として、こちらに避難されている方々への活動もできればと模索しています。
できることを少しづつ続けていこうと思います。
 
(森川)

ご支援をありがとうございます

昨年は熊本地震も受けて、多くの方々や団体から「はり灸レンジャー」へもご支援を多く頂いておりました。
私たちの活動が、多くの方々の ”被災地の方の為に” という支援で成り立っていることを、胸に刻み、また心から感謝いたします。

そして私たち多くのメンバーの母校である 「神戸東洋医療学院」 と理事長から、東北支援から引き続いて、ご寄付を頂きました。
このように被災地で支援させてもらっているのも、「鍼灸師」 であるからこそです。

被災地などでよくテーマとなる、「心のケア」。
その「心のケア」を行なう専門職というと、臨床心理士や精神科医を思い浮かべられるかもしれません。
しかし、心身一如であって、体のケアから、心のケアへのアプローチも可能です。
実際に被災地支援を行なっていても、それは身に沁みて感じました。
ある臨床心理士さんからも、私たち鍼灸師のはたらきを評価して頂きました。

そんな心身のケアができる「鍼灸師」。
ご興味のある方は、コチラ↓

神戸東洋医療学院

体験入学、オープンキャンパスも行なわれています!

(森川)
 

日本財団の支援と活動団体の紹介

こんにちは、はり灸レンジャーブルーの森川です。
私たちは、皆様からの寄付金やカンパ、助成金により活動を行なっております。
特に熊本地震の支援に対しては、日本財団より多額の助成金を頂きました。
日本財団の支援により、他にも多くの団体(318団体347事業!)が支援を行なっております。

その「日本財団」と「たすけあいジャパン」が、
熊本の復興支援情報サイトを立ち上げています。

いまできること
http://imadekirukoto.jp/

被災地熊本の被害状況、現状、ボランティアのニーズなどが、わかりやすくまとめられています。
「支援活動中のNPO・企業」には、多くの支援活動団体が紹介されています。
実際に現地に入っている団体は、もっともっと多いことでしょう。

その中には、はり灸レンジャーのページも用意されています。
(投稿内容は、このブログと重複しています。)
はり灸レンジャー 活動の様子
http://imadekirukoto.jp/activity/iorg0250/


また、その日本財団の支援先団体の活動を紹介した動画もあります。
私たちが7月に訪問した、避難所のひろやす荘と、キャンナスの支援活動の様子も映っています。
写真より被災地の様子もより伝わってきますね。
どうぞご覧になられてください。



(森川)

日本財団より助成金をいただきました

先ほど、第1回目の熊本訪問より帰って来ましたブルーの森川です。
今回の活動の様子は、また後日、各メンバーよりご報告させて頂きます。


その訪問直前に嬉しいお知らせが。
この熊本での活動においては、日本財団より助成金を頂けることになりました。

日本財団と言えば、熊本城の再建に30億円もの支援を決定されたことでご存知かもしれません。
今回の訪問でも、県民の熊本城への想いをお聞きすることができました。
きっと被災者の心の支えとなってくれることでしょう。

はり灸レンジャーに対しては、現地での活動費をはじめ、被災者の方々へ配布するセルフケア用品の購入費としても、支援して頂きました。

被災地にしっかり届けられるよう、活動していきたいと思います。

ありがとうございました。

supported by 日本財団

(森川)

H28年熊本地震の支援について

熊本地震において被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。

はり灸レンジャーのメンバーに対して、「熊本へは行かれないのですか?」といった声も頂いております。
グループとしてはまだ活動の計画は立っていませんが、他団体とのやりとりや情報収集を行なっています。

今すぐにでも駆けつけたい思いもありますが、緊急時を過ぎてから必要とされる鍼灸の役割もあります。
また活動予定などが立ちましたら、ご報告いたします。

地震発生からもうすぐ1か月になりますが、未だ頻回の余震も続いております。
心身休まる日が早く訪れることを祈っております。


以下、現在私たちの関連団体より届いている被災地支援の情報についてです。


被災障がい者支援団体「ゆめ風基金」
http://yumekaze21.blog39.fc2.com/

私たちが東北で活動する糸口となった、被災障がい者支援団体のブログです。
「被災地障害者センター くまもと」も立ち上がり、支援が行なわれております。


鍼灸地域支援ネット「はりネット」
https://www.facebook.com/npoharinet/

鍼灸あマ師による災害時支援ネットワーク(はりネット)のfacebookページです。
昨日5/8から、第1回鍼灸・あマ指ケア活動が、被災地にて行なわれております。


赤い羽根共同募金「ボラサポ・九州」
http://www.akaihane.or.jp/topics/detail/id/402/

東北で私たちが活動する際に支援を頂いている財団です。
このたびの熊本地震においても、支援金、義援金の募集が始まりました。
 

助成していただくことになりました

 先月1月に、赤い羽根でおなじみの中央共同募金会より、今年度の活動費を助成していただくことが決定しました。

 赤い羽根の 「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」(ボラサポ)は、被災された方々を支える活動を支援するための募金です。言わば、支える人を支えるために集められた募金です。その皆さんからの寄付金により、はり灸レンジャーの活動もサポートしていただきます。

 過去4回の助成金をいただいています。今回(第18回)は最終の応募でしたが、審査が通り、今年度分の活動を助成して頂くこととなりました。はり灸レンジャーは、今年も3月と9月の東北訪問を予定しております。

 皆さまの善意を被災地の方へお届けできるように、活動を続けてまいります。

 ありがとうございました。
 
「ボラサポ」と「のサポートを受けています」の回転(助成決定団体用)

(森川)
 

第13回訪問の準備

支援物資をいただきました。

9月の訪問に向けてのローラー鍼や治療道具の追加購入に際しまして、支援物資も提供して頂きました。
セイリンさん、タフリーインターナショナルさん、いつもありがとうございます。

はり灸レンジャーの活動も、助成金やまわりの関連団体のご協力があってこそ、細く長く続けられています。
被災地の方へ、しっかり届けて参ります。

セイリン(株)
http://www.seirin.tv/

(株)タフリーインターナショナル
http://www.tou-free.co.jp/

支援物資201509

(森川)
 

スマホからも簡単に被災地支援!~活動ご支援のお願い ~

はり灸レンジャー・ブルーの森川です。

この度、Softbankのご協力の元、より簡単に「はり灸レンジャー」をご支援いただけるようになりました。

3.11の震災から間もなく4年半が経とうとしています。
新聞やテレビを注意深く見ていても、福島原発以外の被災地に関する記事は本当に減ってしまいました。
しかし被災地東北では、未だ多くの方々が、非日常の生活を余儀なくされ、心身の不調も訴えられています。

そんな中、私たちとしては、細くても長く続く被災地支援を心がけ、今年の9月にも宮城県を訪問し、ボランティア治療を実施する考えです。
正直に申しまして、資金面での苦労が絶えません。
この機会に皆さんのご援助をお願いしたく思います。

以下、具体的なご寄付の方法です。
大きく分けて方法は次の3通りあります。

① 口座振替によるご寄付
② クレジットカードによるご寄付
③ Softbank スマホの利用料金の支払いと一緒にご寄付


① 口座振替によるご寄付
お振込いただいた方は、お手数ではありますが下記までご連絡ください。
E-mail : harikyu.ranger@gmail.com

振込先はこちら。
銀行名:三井住友銀行
支店名:芦屋駅前支店
番号:(普通)4321177
名義:はり灸レンジャー会計担当 森川真二
カナ) ハリキュウレンジャー カイケイタントウ モリカワシンジ

② クレジットカードによるご寄付
こちらのリンクにアクセス。
「支援金額」を選択後、カード情報をご記入いただきます。

③ Softbankスマホの利用料金の支払いと一緒にご寄付
こちらのリンクにアクセス。
「毎月継続」or「1回限り」と、「支援金額」を選択いただきます。

活動予定や報告、ご寄付の使用用途等の詳細は、
はり灸レンジャー公式HPをご覧下さい。

皆さまから頂戴した寄付金は、全額、被災者の方々のための活動に使用いたします。
どうぞよろしくお願いします。

本日より「かざして募金」スタート!

こんにちは。はり灸ライトグリーンの坂口です。
今日は新しく導入した「かざして募金」のお知らせです。

【かざして募金とは?】
まずはこちらの動画をご覧ください。



すでにご存じの方もいらっしゃるかも知れませんが、「かざして募金」はソフトバンクが提供するサービスの一つで、非営利団体に関係する画像にスマホをかざすだけで寄付が出来る、というものです。

【はり灸レンジャーの“かざせる”画像】
はり灸レンジャーでも、これらの画像にスマホをかざすことで募金が出来るようになりました。

・リーフレット
burogu.jpg

・報告書
報告書

・HPの画像
HP.jpg


【いただいた寄付金の使い道】
いただいた寄付は、現地で配布するローラー鍼の購入、現地で使用する鍼灸道具の購入、現地での交通費などに充てられます。
詳しくははり灸レンジャーのHPをご覧ください。

これからもはり灸レンジャーの活動へのご支援とご協力をよろしくお願い致します。