未分類の記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流祭の楽しみ

毎年11月23日の祝日に大阪長居公園で開かれているイベント。
個人的には毎回遊びに出かけていましたが、今回は、はり灸レンジャーとして初めて出展しました。
会場は屋外ですし、寒さも気になりましたが、22人の方に鍼灸を体験して頂きました。

前日の雨で足元がぬかるみ、寒風の吹く中でしたので、お天気ならもう少し客足も伸びたはず?
施術のことや被災者の方との交流は他のメンバーも書かれているので、一お客さんとして楽しんだことを(笑)

このイベントのテーマは、「⇔ 双方向」です。
復興支援の一環ではありますが、一方的な支援ではなく、お互いが生活や文化を尊重しあえるようになることも、この交流祭の願いなのです。
ということで、施術の合間にしっかり楽しみました。

当日は、地元関西、そして東北や九州から50を超える団体がブースを出展していて、美味しい食べ物やご当地グッズ、手作り品など、お手頃で素敵な商品が沢山あります。

今年購入した戦利品は、毎年楽しみにしている東北「千寿(ちじゅ)の会」さんの手芸品、大阪「こさり」さんのパンとお菓子、滋賀「つるや」さんのサラダパンとラスク、そしてステンレスのお皿!

サラダパン 
(滋賀で有名なご当地パン)

娘が見つけて大興奮だったお皿は一枚200円。
いろいろな種類があり、高いものでも500円。
はり灸レンジャーのメンバーも次々に買ってしまったこのお皿、我が家は2枚も購入してしまいました(笑)
購入してからというもの、毎食この状態で食卓にのぼっております。

銀の皿 

娘は「このお皿大好きすぎる~」と皿を抱きしめたり、磨いたり、満喫している様子。
楽しい買い物でした。
さて、来年はどんな掘り出し物があるでしょう。
できればもう少し暖かい祝日になりますように。

(森川彩子)

スポンサーサイト

2015年!

新年あけましておめでとうございます。

2015年も、はり灸レンジャーは東日本大震災復興に向けた支援に取り組んでまいります。

皆さまどうぞよろしくお願い致します。

t-hitsuji14.jpg

ごあいさつ

 2011年3月11日の東日本大震災を受け、「私たちにも何かできないだろうか?」と、いてもたってもいられない鍼灸師たちが、ボランティアグループを結成しました。その名は、「はり灸レンジャー」。

 メンバーは、岐阜や神戸と遠く離れた地ではありましたが、メーリングリストで連絡を取り合い、情報を共有して、活動を行なってきました。震災以後、二度の現地訪問も行ないました。現地のボランティア団体と連携を取り、実際に被災地の状況を目にし、被災者の声に耳を傾け、鍼灸治療を通して身体の不調にも応えてきました。

 被災地の復興は長期化すると思われます。一過性の治療で終わるのではなく、セルフケアの提案や、現地関連機関との協力により、継続した支援を行ないたいと考えています。今後も、第3次訪問を契機に、長期的な支援体制の構築に向けて努力している次第であります。

 その「はり灸レンジャー」が、この度ブログを立ち上げました。まずは今までの被災地での活動記録と、そしてこれからの被災地の様子や課題、今後の計画等を発信していきたいと思います。

 ご意見・ご感想などございましたら、またご協力して下さる方もおられましたら、ご連絡お待ちしております。どうぞよろしくお願い致します。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。